校則は守るべきもの。

学校

地毛が茶髪なのに先生から散々黒髪にしろと言われ続けた女子は非常に不憫だ。行き過ぎた生徒指導はあってはならない。この女子の髪の色は例外として絶対に認められるべきだ。

生徒指導の一つして、髪の毛の色や髪型というのは当然ある。元々そうでないのに派手な髪の色や髪型にして学校に来るのなら、それはアウト。生徒がそうしたいからそうしてくるのであって、生徒はそうするかしないか選べる。

校則で駄目と決まっているのだから、それに従わないのは良くない。学校は一つの共同体であり社会である。多くの生徒は学校を卒業してから雇用されることで会社という共同体に属し、ある場所に住むことでその市区町村に属することになる。

世の中のどの社会にもルールは存在し、それに従わなければ罰せられる。学校では勉学に勤しむのはもちろんだが、集団の中の一人としてルールを守って生きることの大切さを学ぶことができるのも学校である。

校則、条例、法律などのルールは先人の知恵の結集であり、存在する理由があるから存在する。

理不尽な校則をどうしても変えたいというのであれば生徒会に積極的に参加すればよい。なぜその校則がいらないのか具体的に論理的に人々に伝えて納得させられなければ物事は変えられない。

校則を議題にとことん話し合い、教師側とも交渉する場を設ければよい。もし結果として校則は変えられなかったとしても、その過程で得た経験は必ず後の自分の人生で活かすことができる。

タイトルとURLをコピーしました