教師としての話し方。

教師は話し方が上からだと言う人がいる。では、教師がやさしく丁寧に話したらどうなるのか。教師のやさしさにつけこむ悪い生徒は絶対にいて、そしてそれが複数の場合、授業なら一気に崩壊する。

それを回避するためにも、教師に必要なのは目力であり、毅然としたものの言い方である。

もちろん、生徒と教師の間に人間関係ができあがっている場合は、教師の話し方としては人として対等にものを話すような姿勢が求められるだろう。

タイトルとURLをコピーしました